公告

[公告] 「港台學術資訊」不是我的微博

Thursday, July 20, 2017

Japanese scholarship on the Qin bamboo slips stored in the Yuelu Library, 2010-2017

*Information below is based on 2017-05-30 王園红 湖南大學岳麓書院 https://mp.weixin.qq.com/s/M8DkKrrQFTjCzkWisO37Kw

** 以下資料是奠基在王園紅《日本岳麓書院藏秦簡研究部分論著目錄(2010—2016)》這篇文章上增補而成


一、專著 Books

谷中信一 (Yanaka Shin'ichi):《出土資料と漢字文化圈》,汲古書院,2011年3月.

湯浅邦弘 (Kunihiro Yuasa):《岳麓秦簡『占夢書』の構造と思想》,《竹簡学: 中国古代思想の探究》,大阪大学出版会, 2014年5月.

池田雄一 (Ikeda Yūichi ):《漢代を遡る奏げん―中国古代の裁判記録》,汲古書院, 2015年4月.

中国古算書研究会編,《岳麓書院蔵秦簡『数』訳注 /秦漢出土古算書訳注叢書(2) 上製 》,朋友書店,2016年11月. 
(link: http://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4892811562&bookType=jp)


二、期刊及其他 Journal Articles and Others

田村 誠、張替 俊夫:《新たに出現した二つの古算書:『数』と『算術』:(付)岳麓書院蔵秦簡『数』から見た周秦交替期の幾何学的成就》,大阪産業大学論集(人文・社会科学編) (9),2010年.

池田雄一:《岳麓書院藏秦簡『関市律』を得て》,中央大學アジア史研究 (35),2011年3月.

工藤元男:《秦簡のまた一つの大きな発見》,东方(366),2011年8月.
(download here: https://www.toho-shoten.co.jp/export/sites/default/review/366/toho366-01.pdf)

大川 俊隆:《岳麓書院蔵秦簡『数』訳注稿(1)》,大阪産業大学論集 (人文・社会科学編)(16),2012年.
(Chinese translation: http://www.bsm.org.cn/show_article.php?id=1824)

田村 誠:《 岳麓書院蔵秦簡『数』について(日本語・中国語) 》,RIMS研究集会「数学史の研究2012」配布資料

田村 誠:《岳麓書院蔵秦簡『数』訳注稿(2)》,大阪産業大学論集(人文・社会科学編)(17),2013年2月.
(Chinese translation: http://www.bsm.org.cn/show_article.php?id=1845)

森和:《秦人の夢―岳麓書院蔵秦簡『占夢書』初探》,日本秦漢史研究第13号,2013年3月.

大川俊隆、籾山明、張春龍:《里耶秦簡中の刻歯簡と『數』中の未解読簡》,大阪産業大学論集 (人文・社会科学編)18号,2013年6月.
(Chinese translation: 张春龙著,大川 俊隆著,籾山 明著,「里耶秦简刻齿简研究:兼论岳麓秦简《数》中的未解读简」 文物 2015年3期, pp.53-69,96, 2015年)

馬場 理惠子、吉村 昌之:《岳麓書院蔵秦簡『数』訳注稿(3)》,大阪産業大学論集 (人文・社会科学編)(18),2013年6月.

田村 誠、張替 俊夫:《岳麓書院『数』衰分類未解読算題二題の解読》,大阪産業大学論集(人文・社会科学編)18号,2013年6月.
(Chinese translation: 田村 诚著,张替 俊夫著,周西璧译,「岳麓书院《数》中两道衰分类算题的解读」 湖南考古輯刋 11集, pp.325-335, 2015年1月)

角谷 常子:《岳麓書院蔵秦簡『数』訳注稿(4)》,大阪産業大学論集 (人文・社会科学編) (19),2013年.

湯浅 邦弘:《岳麓秦簡『占夢書』の思想史的位置》,中国研究集刊57号,2013年12月.

小寺裕、張替 俊夫:《岳麓書院蔵秦簡『数』訳注稿(5) 》,大阪産業大学論集 (人文・社会科学編)(20),2014年2月.

武田 時昌:《岳麓書院蔵秦簡『数』訳注稿(6)》,大阪産業大学論集 (人文・社会科学編) (21),2014年.

大西克也:《嶽麓書院秦簡をめぐって:赤外線スキャンと『占夢書』》, 書法漢學研究 (15), 2014年7月.

水间 大辅著「岳麓书院藏秦简“尸等捕盗疑购”案所见逮捕群盗的奖赏规定」 中國社會經濟史硏究 2014年3期, pp.89-92, 2014年

大川 俊隆、田村 誠:「《算數書》“舂粟”題與嶽麓書院秦簡《數》中的三枚簡」 簡帛研究 2013, pp.93-100, 2014年7月

柿沼 陽平:《岳麓書院蔵秦簡訳注:「為獄等状四種」案例七識劫𡟰案》,帝京史学30号, 2015年2月.

飯尾秀幸:《嶽麓書院藏秦簡(參)』訳注(1):第一類 案例〇一「癸・瑣相移謀購案」》 ,『専修史学』 59号, pp.73-132, 2015年11月

大川 俊隆:《岳麓書院蔵秦簡『数』における「物」字について》,中国研究集刊 (61), 2015年12月.

下倉 渉 :《ある女性の告発をめぐって:岳麓書院蔵秦簡「識劫𡟰案」に現れたる奴隷および「舎人」「里単」》,史林99卷1号, 2016年1月.

椎名一雄:《嶽麓書院蔵秦簡 (参)』案例一にみる秦代文書行政と裁判》,歴史と文化 : 小此木輝之先生古稀記念論文集(青史出版),2016年5月.

飯尾秀幸:《『嶽麓書院秦簡(参)』訳注(2)》,『専修史学』 61 ,2016年11月.

大川俊隆: 「 岳麓書院蔵秦簡『数』における文字と用語 」,大阪産業大学論集 人文・社会科学編 26  (2016)

高戸 聰,嶽麓書院藏秦簡『占夢書』訳注稿,福岡女学院大学紀要. 人文学部編  (27), 55-78, 2017-03



No comments:

Post a Comment